毎月先着5,000名様お試しキャンペーン実施中♬

母乳成分いろいろ

赤ちゃんにとって最良の栄養は母乳です。母乳にはさまざまな成分が含まれていることが、これまでの母乳研究によって、明らかになってきています。ここでは、主な成分とその機能についてご紹介します。

母乳成分一覧

生体の必要に応じてビタミンAに変換されるため、過剰摂取の懸念が少なく、ビタミンAとともに乳幼児の健康維持に大切な成分です。
人体にもっとも多く含まれるミネラル成分で、体重の2%を占めるといわれています。その約99%が骨や歯に存在し、残りは細胞内や血液に存在しています。カルシウムは乳糖やビタミンDを同時に摂取することで、吸収が促されます。特に離乳期の乳児にとって、体重や身長の増大における骨の形成や強化、歯の形成、運動機能の発達における筋肉の収縮・弛緩に大きく関わってきます。
鉄は、骨髄で血球やヘモグロビンを生成するのに不可欠な成分です。乳児期において、離乳食からの鉄摂取量は他の栄養成分よりも少ないといわれています。
ビオチンはビタミンB群のひとつで、皮膚や粘膜の健康維持に関わる栄養素です。動物の肝臓、卵黄、豆類等、様々な食品に含まれています。また、腸内細菌によっても生合成されますが、赤ちゃんの腸内細菌は未熟であるためビオチン摂取が必要となります。
 

1) 本サイトは日本国内向けのサイトです。2) 赤ちゃんにとって最良の栄養は母乳です。出来る限り母乳で育てましょう。